フラフラしながら

欲しいもの ないのなら

決まり事なんて 何もない

ただ 定期的に この胸がうずくだけ

何のせいだろう

それは わからない

でも わかっている気もする

 

引っかかりもなく 指でたどって

何を思い出してしまうの?

すべりこんだ この気持ちは

もう 手遅れだ

ちょっとだけ ごまかし笑い

ちょっと待ってと つい口からこぼれた

 

とりあえず歩いて

また同じ気持ちに のみこまれてしまっても

また同じ形 重なって

同じ流れだと気づく

 

声に 気持ちに 触れていた

ただ それだけが どうしようもなくて

泣けてきた