きみには 何も話していない

きみは 何も知らない

届かない そんな気がしているから

ひとつも うまくできないんだ

 

すれ違ったまま

気づかないまま

触れることなく 進んでいく

ひとりで ぐるぐる回るさ

渦の中を 回っているんだ

 

どんなに言葉にしても

たぶん ダメだね

疲れるだけだね

だから もう いいんだ

どんな気持ちでいるかなんて

わかっていないんだから