願うと同時に 卑屈になってしまう

こんなに輝いているのに 切なくなってしまう

想うと そう

いつも そうなってしまう

わかっているさ

心に風を

ずっと

そういうもんなんだよ

 

嫌な気持ちに たくさんさせてしまったけど

ぼくらの声は交わされている

思い出してしまう夜は いくつも

もう 行き場はないけど

 

今 体ごと どこかへ 運ばれていくんだ

手を振る そんな姿は見えるかな

大丈夫

声が 響いている

大丈夫

ちゃんと 交わされている